便利グッズ

洗うのが簡単な水筒で夏を乗り切ろう!

みなさんどうも。

 

突然ですがみなさんは1ヶ月に使っている

飲み物代金について考えた事がありますか?

 

給料日前に気付けばお金が無い、なんてなっている方!

 

こないだ飲みに行ったからなー。

靴買っちゃったしねー。

 

なんてそれなりに大きく動いた金額だけを思い出して

目先の小さい出費には目も向けない。

 

否っ!!

 

この目先の小さな出費の節約こそが

最終的に財布に余裕を与えるのです。

 

考えてみてください。

 

1ヶ月に20日出勤したとして

 

朝、ペットボトル飲料

昼、食後のコーヒー

休憩、コーヒー

 

仮に3つとも130円だとしても1日で390円。

1ヶ月では7800円になります。

 

この7800円で何が出来ますか?

 

飲み会には2回行けるでしょう。

牛丼は20杯くらい食べれますよ。

靴だって買えるでしょう。

 

だからこそ私は水筒を持つことを強くオススメします。。

 

そして何より水筒本来のメリット。

(逆に言うと水筒買おうと思ってる人の大半の理由はこれかも)

いつまでも冷たい(温かい)飲み物が飲めるって事ですね。

 

500mlのペットボトル一気飲みしますか?

しませんよね?

次飲むときは冷たいですか?

答えはNOですよね。

 

だけど水筒を持たない人の理由の大半はこれ。

 

洗うのがメンドクサイ。

 

そう!そうなんですよ!分かるよ!

 

だからこそ私は洗う手間が少ない水筒だけに

限定して今回はオススメします。

 

 

 

こちらはですね。

タイガー魔法瓶の夢重力と言うなんとも

おしゃれなネーミングの商品でして

驚くのはその性能。

 

なんとその軽さ。231gです。

231gってピンと来ませんよね。

コンビニのおにぎり2個分です(ピンと来ない)

 

とにかく軽いんです。

 

そしてこの商品は大きさが

いくつか分かれているのですが

 

私のオススメはこの600ml

 

何故かと言うと・・・

 

氷を入れても500ml入るからです。

なのでこのサイズはコーヒー用では無く

ミネラルウォーターやお茶用にするのが

いいかもですね。

 

そして肝心のお手入れですがこの商品、実は

 

本体とフタしかありません。

 

フタにはゴムパッキンついていますが

基本的にはこの二つのパーツのみ。

 

私は柄の長いスポンジなどは

持っていないので洗剤入れて

シャカシャカして終わりです。

(トコトン楽する)

 

非常に楽です。

 

そしてこの商品は他にも

 

■サビにくい加工

■飲み口が大きい為氷がそのまま入る

■保温性に優れている

 

流石はタイガー魔法瓶さんと言ったところですね。

 

ちなみに蓋を開けたらダイレクトに飲み口なので

熱い飲み物を入れる際には注意が必要です。

 

 

350mlの小さいサイズ(コーヒー用など)

 

500mlサイズ(氷入れない方用)

 

などもあります。

 

お次はこちら

 

ニューヨーク生まれのおしゃれな水筒です。

いかにもインスタ映えしそうなデザインですよね。

 

もちろんデザイン性だけでは無く

性能も確か。

熱い飲み物を入れてから6時間

経っても70度をキープします。

 

攻守ともにいい感じですね。

ただし夢重力比べるとに約50g重いです。

 

ただし重さなんて気にならないほどの洗練されたデザイン

思わず誰かに見せたくなっちゃいますよね。

 

 

次はこちら

こちらはベストコと言うところの水筒で何より

価格が非常に魅力的です。

そして機能も備わっているため

安かろう悪かろうではないです。

 

ちなみに重さは235gなので夢重力とほぼ同じ

重さになっております。

 

中蓋がついているので洗う手間は

一つ増えてしまいますが(とは言っても3つ)

コーヒーなどを入れるのは非常に適しています。

 

個人的にはこの優しい色味とコーヒーと言う

アピールは好きですけどね。

 

いかがでしたか?


考えてみて下さい。

下記少しややこしい計算ですがみなさんの

財布への影響を考えてお付き合いください。

 

水筒×2 5000円

(最初のみ)

2Lのお茶やミネラルウォーター×5 500円

(4日で1本無くなると仮定)

粉コーヒー代 500円

(1ヶ月で消費と仮定)

 

すると最初の月に5000円かかるだけで

その後は毎月1000円です。

 

仮にガムシロップやらミルクやら

用意したって値段は知れてます。

 

毎月の飲み物代は7800円だったのでなんと6800円も得してます。

 

もちろんただのペットボトルであれば

注ぐ手間も洗う手間もありません。

だけどその代償に高いランニングコストを

払ったうえで尚且つこれから夏に向かう中

いつでも冷たい飲み物飲みたくないですか?

 

今一度自身の出費と向かい合ってみてください。

 

まとめ

1、飲み物買う人は毎月7800円も使ってる。

2、水筒はいつまでも冷たい飲み物を月1000円で飲める。

3、しかも最近の水筒は洗うのが簡単になってる。

 

みなさんも水筒ライフ

お楽しみください。